FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

E: イル・ブラチーノ(本町)

先のゴールデンウィークは関西に帰省していました。
本当はどこかに旅行でも行きたかったのですが、もたもたしていたらチケットが
高すぎて手に入らなくなってしまい断念。だったら、夏に戻れるかどうかも分か
らないし、GWに戻っておこうと。
そして、当然のように何軒かのレストラン巡り。新しいところも、再訪のところ
も。一軒は2年ぶり以上になるけど、覚えていてもらえて嬉しかったなー。相変
わらず、美味しかったのは言わずもがな。また、帰省した際には寄りたいもので
す。

で、話は飛んで、いきなりだけど、その帰省の最終日。帰宅の便までの時間がビ
ミョー。ランチを取る時間もないほどではないけど、フルのコースを楽しめるほ
どゆっくりはできない。
そんな時間の余裕だったので、だったら軽めにイタリアンでもということで訪れ
たのは『イル・ブラチーノ(Il Bracino)』、炭火焼を売りにしたお店だそうで
す。

店は本町の近辺。駅からも数分です。このあたりまで来ると、難波からの繁華街
も終わってしまい、紛うことなきビジネスエリア。連休中ということで、あたり
は人影もまばら。ちょっと寂しい?
お店は大きな通りからはちょっと入ったところにあります。道に面してガラス張
り、ワインレッドのアクセントがシックで、落ち着いた外観です。
店内も濃い目のブラウンを基調としていて、やはり、落ち着いた雰囲気のお店で
す。フロアは奥方向に長く、テーブル席とカウンター。入り口のすぐ脇にまでテー
ブルがあるのは、まあ、仕方のないところでしょうか。

休日のランチは2000円位から。この値段で前菜、パスタ、メイン、デザートが全
部つくのはさすがに関西価格。選択できるのはパスタだけで、前菜のサラダ、メ
インの魚は決まってしまってます。さらに上のコースになると、メインにも肉が
登場します。
軽めに済ませたいので、2000円のコースにグラスワインをいただきました。

まず、前菜。炭火で焼いた豚ばら肉とサラダ。薄切りにしたばら肉を炭火で炙っ
たものが不味くなるはずもなく。サラダは葉野菜にバルサミコをつかったドレッ
シング。このドレッシングがイマイチ。酸味、オイルの具合が弱くて、サラッと
しすぎてるかなぁ。
パスタは太刀イカのぺペロンチーノを選択。こちらは無難なお味。塩の加減はや
や強めかもだけど、個人的にはその方が好み。イカは大きめで、かつ沢山入って
いました。
メインは真鯛の炭火焼。火の通りも頃合で、さすがに炭火が売りの店。真鯛だけ
を食べるなら、美味しいと思います。でも、ソース代わり(?)のラタトゥイユ
が、ちょっと、しまりがなくゆるい感じ。それだけ食べるならともかく、ソース
とするなら、もう少し凝縮感が欲しいかなぁ、と。
全体にちょっと、緩めなのが惜しいかなぁ。とはいえ、厳しめの評価になりまし
たが、悪くはなかったです。価格を考えると頑張ってると思います。ディナーで、
ドンと炭火焼のアラカルトとかが魅力なのかもしれません。

サービスは若い女性が一人。プロっぽさはありませんが、感じは良いです。人当
たりの良さでカバーといったところでしょうか。満席になるとちょっとつらいだ
ろうな、と思います。

というわけで、帰省最後の店はイタリアンでした。それ以外の店については、で
きるだけ近いうちに書こうと思います。
22:50 | 飲食(イタリアン) | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
E: アキュイール(南森町・西天満) じわじわと効いてくる・・・? | top | etc: フロストxニクソン

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://dk01.blog29.fc2.com/tb.php/719-5140ea94
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。