FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

etc: イントゥ・ザ・ワイルド(Into the wild)

映画、『イントゥ・ザ・ワイルド(Into the Wild)』を観てきました。
アラスカの荒野で遺体となって発見された一人の青年が、何故そこへと向かい、
どのようにしてたどり着いたかを記した映画で、実話に基づいています。ストー
リーはgooの映画紹介より。
 「1990年夏、アトランタの大学を優秀な成績で卒業した22歳のクリスは、
  将来へ期待を寄せる家族も貯金も投げ打って、中古のダットサンで旅に
  出る。やがてその愛車さえも乗り捨て、アリゾナからカリフォルニア、
  サウスダコタへとたった一人で移動を続け、途中、忘れ難い出会いと別
  れを繰り返して行く。文明に毒されることなく自由に生きようと決意し
  た彼が最終的に目指したのは遙か北、アラスカの荒野だった。」

上の紹介を読んでもわかるように、いわゆる“自分探し”の旅です。それほど目
新しいテーマではないものの、それだけに普遍的でもあって、少なくない人の共
感を呼ぶものだったりはすると思います。実際、感想の書かれたブログなどを拝
見すると、評判が良いようです。

ただ、僕個人はそういうテーマはは嫌いではないものの、この映画については違
和感がつきまといました。なんでだろう?
主人公が置かれていた環境に対する共感でも良いし、この旅の各場面における実
感でもいい。主人公と何か共有できるものがあったらと考えてしまうんですが、
僕には映画が終わるまで、この主人公のことがずっと他人事のままでした。
“自分探し”というのは、本人以外の人間の目からから見れば、他人が他人を探
しているわけであって、実際のところはこれほど縁遠いことはなかったりもする
わけです。言葉通りの意味で他人事だったりします。

この主人公が生きていたら、と思います。本当に何かを見つけたのか。見つけた
ものは思い描いていたものと同じだったのか。それを訊いてみたい。それを描い
てほしい。
そういう意味でも(「でも」となってるのは、人、一人の命が奪われたことだけ
でなく、ということ)残念な気もします。映画にはならなくても、大事なのは続
くべき先の話だったのでしょうから。
22:34 | 映画 | comments (0) | trackbacks (1) | page top↑
E: コーダリー(上野) | top | E: ミラヴィル(駒場東大前)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://dk01.blog29.fc2.com/tb.php/659-82cea143
監督:ショーン・ペン共演:エミール・ハーシュ、ヴィンス・ヴォーン、キャサリン・キーナー 他 ステータス:撮影中 原作邦訳あり Watch the l...
2008/10/19 (Sun) 17:27 | Kristen Stewart News
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。