FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

E: ヴェルヴェンヌ(Verveine,たまプラーザ)

前々から気になって気になってしかったなかった(←大袈裟)“たまプラーザ”
への初訪問。当然のように食べてきたランチは『ヴェルヴェンヌ(Verveine)』
でした。
シェフは銀座の「ロオジエ」でスーシェフをやってたとか。それとはまったく違
う環境だろうけど、そんな中でどんなところにらしさを見出せるのか、そんなこ
とを期待しての訪問となりました。

駅からてくてくと歩いて2,3分、住宅地へと向かうゆったりとしたカーブの中ほ
どに店はあります。
ひさしとトレードマーク(?)のリーフのグリーンが若々しく、まだ、新しい店
には似合ってる。また、このたまプラーザの街にもあってるような。なんとなく
だけど。

店内は入って左半分がオープンなキッチンと、オイルなんかの小物を売ってるス
ペースで、右半分がテーブル席。キッチンに面してカウンター席も。キャパは全
部で20席くらい。満席になると密度の高さは否めないだろうけど、この日のよう
に、空席があったらちょうど良い。
テーブル席の壁側のベンチシートはちょっと、いまいちか。というのも、後ろの
背もたれの部分がそのまま壁なので。やっぱり、背もたれにはクッションが欲し
いです。

ランチは前菜3種類、スープ2種類、メイン3種類(魚1、肉2)から組み合わせる
プリフィクス。1700円だとスープとメイン、2500円で前菜とメイン、3500円で3
皿です。カルトでスープなども付けられるようになってます。
チョイスは以下の通り。
 きのこのスープ
  熱々がマグカップで300円。きのこにありがちなくどい感じではなく、さ
  らりとしたもの。それを上品ととるか、物足りないととるかは人によりそ
  う。個人的にはほんの少しだけきのこっぽさを主張する方に針を振って欲
  しいかな、と。
 渡り蟹のテリーヌ
  ふわりとした優しいテリーヌで、これまた上品に仕上がってる。スープ、
  このテリーヌと続くと、この上品なラインがこの店のシェフの嗜好なんだ
  な、と理解できます。
  ただ、これはスープと違って明らかな不足として、カニの気配がもうちょっ
  と欲しい。やわらかく優しいテリーヌで歯応えや食感としてカニがない以
  上、味と香りではぐっと来るものが欲しい。
  あと、ソースのトマトの酸味と味がかなり強かったので、そちらが勝って
  しまってたっていうのもあります。もうちょっと、ソースは抑えた方が良
  いと思いました。
 ポテ(豚タン、ロースの田舎風煮込み)
  スープの澄み具合、雑味のなさを見れば丁寧に作っているのは一目瞭然と
  いうか、一舌瞭然というか。田舎風という言葉から想像されるような雑さ
  は微塵もありません。
  肉にも肉自体のきちんとした旨味が残ってる。煮崩れたりのだらしなさが
  なく、これも好印象。旨味が抜けちゃってる場合も多いですからね。
  一見素朴で簡単な料理に見えるけど、なるほどプロだなと納得できる一皿
  でした。ポーションもたっぷりで満足でした。
 洋ナシのタルト
  デザートはとりたてて書くようなことはないです。まあ、普通でした。

料理はデザートは除いて、確かにプロのもの。品があって、丁寧で。レストラン
としてなら良いけれど、ビストロとするとインパクトには欠けるところも。シェ
フの出自を考えると、仕方のないところなのかもしれませんが。
次に食べるならローストのような火の入れ方をしたものが食べてみたい。できる
だけ大きな塊で。頂いた料理の丁寧さが火入れにも発揮されるなら、かなり期待
ができるんじゃないかと思うのですが・・・。

押しの弱さはありますが、とても好感の持てる料理でした。次に来るなら夜です
ね。夜はアラカルトもあるようなので、メインにがっつりと肉を食べてみたい。
それでも、この店ならもたれたりはしなさそうですし。
23:00 | 飲食(フレンチ) | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
R: アラン・ワイズマン『人類が消えた世界』 | top | etc: 気になってた場所に行ってきた

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://dk01.blog29.fc2.com/tb.php/650-5f8a91ec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。