FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

etc: 映画「スカイ・クロラ」

森博嗣が原作、押井守が監督の映画『スカイクロラ』を観てきました。

以下、gooの映画紹介より抜粋。
 「ショーとしての戦争が行われる、仮初めの平和の時代。永遠に年をとらな
  い「キルドレ」のユーイチは、新たに兎離州基地に配属となった。過去の
  記憶のない彼だが、初めて乗る機体も身体に馴染み、エースの座に着く。
  基地司令のスイトはそんなユーイチを複雑な眼差しで見つめていた。そん
  なある日同僚のパイロット、ユダガワが撃墜され死亡してしまう。墜とし
  た相手は、「ティーチャー」となのる敵のエースパイロットだった……。」

これまでに観た押井守が監督をした作品の中では、群を抜いてわかりやすい映画
になってるかと。
でも、森博嗣は最初の数作を読んで読まなくなったのでともかくとして、映画自
体は理解できないことが多くても、それでも押井守に関心がある、という人間か
らすると、どことなく物足りない作品でした。

観ていて感じた二つの枷、のようなもの。
一つは“キルドレ”。原作を読んでないので、確信はもてないけど、相当に忠実
にトレースしているんじゃないかしら。
押井守という人は、もともと原作があるものでも「押井作品」としてしまうくら
いに、徹底的なディレクションをする。たとえば、ルパン三世の映画でありなが
らルパンを否定するかのごとく扱おうとしたくらいの人なので、キルドレをキル
ドレでなくしてしまうくらいのことはやりかねない人のはず。
なのに、「ショーと化した戦争において永遠に年をとらず職業として敵と戦い、
ある時は殺し、ある時は死ぬ」という、ある意味わかりやすい設定をそのまま引
き継いでいる。おかげでわかりやすく、けど、押井色には染まりきらず。後半に
は押井守らしい節回しの台詞などもあるんですが(原作を読んでないので、押井
守によるものか、森博嗣によるものかは不明)、それでも物足りなさは感じまし
た。あくまで、押井作品を期待していた場合、ですが。

それから、もう一つは“キャラクターの顔”。
映像は基本的にモノトーンっぽく、陰鬱とまでは行かないものの、明るいとは言
いがたい。それでも、そこに載っている情報量はかなりのもので、それが支えて
いる映像の美しさは、やっぱりこの映画の魅力の一つ。
けど、キャラクターたちの顔だけはアニメーションとしてしか存在しないような
デザイン。このギャップに僕は最後まで慣れることができなかったわけだけど、
そこに何かアニメーションをアニメーションたらしめるための枷のようなものを
感じてしまったのです。

映像は、特に時折描かれる空のシーンはとても綺麗。
空を描くシーンでは彩色が鮮やかになり、コントラストも強くなる箇所がある。
上で全般に「明るいとは言いがたい」と書いたけど、でも、だからこそ、その時
折描かれる空の青さ、鮮やかさが一層映えてた。
戦闘機のデザインも抜群。実学的にどうかはわからないけど、とても格好良い。
なんとなく、FW14とかのころのウィリアムズのフォーミュラマシンとかと通じる
ものがあるような。
その戦闘機同士が戦う空中戦のシーンは、なんだかんだで魅力的。まあ、これを
見れただけでも良いのかな、と。そう思えるものがありました。

というわけで、映像的にはなかなかだけど、物足りなさの残る映画でした。
とりあえず、原作を読んでどこがどう変わったのか、そして、変わらなかったの
か。その辺りを見てみたいと思ってます。
22:37 | 映画 | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
R: 東野圭吾「容疑者xの献身」 | top | E: タンドロン(自由が丘)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://dk01.blog29.fc2.com/tb.php/632-71e1c7a0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。