FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告 | comment (-) | trackback (-) | page top↑

E: メルヴェイユ(日本橋)

レストランというのはハッピーな場所。
そう思っている僕にとって、多少、騒がしいのはまあ、許せること。楽しい場所、
ハッピーな場所で少々騒がしくなってしまうのは仕方のないところもあるだろう
から。
それが多少なら、少々なら。

というわけで、先日、日本橋は高島屋のそばにある「オー・グー・ド・ジュール
メルヴェイユ(Au Gaut du jour Merveille)へとディナーに行ったのですが、
偶々、居合わせた外人を含む十数名のグループ、これがもう、うるさい、うるさ
い。一緒に行った人間と顔をあわせて苦笑するしかない。英語が飛び交ってるだ
けに外国のパブかと思ってしまったよ・・・。
肩肘を張るような店ではないけれど、僕くらいの人間にとっては“レストラン”
として訪れたい店。なので、あの雰囲気はさすがに度が過ぎてて、ちょっと残念
でした。

と、雰囲気としては残念だったのだけど、頂いた料理は想像を裏切って力強くな
かなかのもの。行く前は味、ポーションともに上品なものかと思っていたら、ど
ちらもしっかりとした食べ甲斐のあるものを出してくれました。
ディナーのコースは三種類で、われわれのチョイスは真ん中、8500円のコースで
す。
 アミューズ:トウモロコシのスープ、リエットのグージェール
  リエットは小さいながら、その見た目を裏切ってしっかりとした塩分。こ
  れくらいのが美味しい。
  トウモロコシのスープは最初、不思議な甘みを感じたけど、徐々に自然の
  甘みに。一体、最初に感じたのはなんだったのだろう?こちらも美味しい。
 北海道産穴子とオニオンコンフィをからめたガレット
 フルーツトマト、グレック野菜をカレーオイルの香りで

  テリーヌ状に固めておいたものを改めて火にかけ、温かい状態でサーブし
  てくれてるんだと思う。
  アナゴはテリーヌ状にしてしまうと、あの細長い形状の面白さはなくなる
  けど、それでも身の厚みと、オニオンに負けない穴子らしい香りが魅力的。
  オニオンは甘みとほのかな苦味を添えてくれて、これまたグッド。香ばし
  さ、甘さ、香りなど、色々と楽しめる一品。
  細長いお皿にはたっぷりのサラダも添えられていて、ポーション的にも納
  得の前菜でした。
 イサキのポワレ グリーンアスパラ バジルのソース
  イサキが火の通り具合、塩の加減が抜群。有無を言わさず美味しい。特に
  熱が入って締まりつつあるけど、ふわりとした食感を残す火の通り具合は、
  ここしばらくで食べた白身の魚の中では1、2を争う。皮目はパリっと仕上
  がってます。
  なので、ソースは印象としては弱め。味が弱いということではありません。
  立派なアスパラが付け合せでしたが、その風味にも負けてる様子はありま
  せんでしたので。要は魚が良くて、そちらの印象が残ったということです。
 ドンブ産ウズラにフォアグラを詰めたロースト
  モリーユのクーリを添えて

  丸々と膨れたウズラの様子は可愛いというか、滑稽というか。
  そして、こちらは魚からは一転、ソースが強い。モリーユが、キノコらし
  い主張のあるソースにと仕上がってます。ウズラの身が淡白なだけに、こ
  れくらいのソースで食べる方が美味しい。さらにフォワグラも詰めてある
  ので、淡白さはどこへやら、といった感じです。
 ロールケーキ+フィナンシェ,マカロン
  ロールケーキはこちらのスペシャリテらしいです。なんか、「天使の」と
  かなんとか、そんな枕詞がついていたような。
  でも、そんなファンシーな枕詞とは裏腹で味わいはどっしり、かつ、しっ
  かり目。コースの〆、としての機能を果たすデザートとしてのロールケー
  キになってます。ひょっとしたら、僕のお腹がかなり膨らんでいたから、
  そう感じたのかもしれませんが。

料理、かなり良かったです。
ツレとの待ち合わせの時間など、色々と制約があり、一度入っておきたかったこ
の店をチョイスしたんですが、料理にはそれほど期待してなかったかな、という
のは正直なとこ。恐らくは軽いんだろうな、と。
けど、食べてみると味わいにもポーションも十分以上。本当にクラシカルなフレ
ンチ、というほどのベタベタさはないけど、昨今の軽いだけ、というものでもな
い。きちんとフレンチを食べたぞ、という満足感を得られる味に仕上がってる。
デコレーションの類もきっちりしてる。

となると、惜しむらくはあの雰囲気。この日は偶々だったのかもしれないけど、
サービスで名を上げたオーグードジュールのグループ店としては、何がしかの配
慮はあっても良かったんじゃないかしら。それだけは残念でした。
でも、もう一回、食べには行きたい。次はランチでも良いかも。いや、ランチで
もディナーでもかまわないので、願わくば、もう少し、静かに。
23:06 | 飲食(フレンチ) | comments (0) | trackbacks (0) | page top↑
etc: DJ-1 | top | etc: スニーカー?

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://dk01.blog29.fc2.com/tb.php/627-ef2438a3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。